兜神社

兜神社

東京都 中央区

【兜神社と御朱印】東京株式取引所関係者が信仰の象徴として造設した兜神社

2019年7月2日

兜神社(かぶとじんじゃ)とは

兜神社の本殿

ココがポイント

御祭神


・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
・事代主命(ことしろぬしのみこと)
・大国主神(おおくにぬしのかみ)

ご利益


商売繁盛

御朱印


あり

兜神社の由来


明治11年ここ兜町に東京株式取引所(東京証券取引所の前身)が設けられるに当たり同年5月取引所関係者一同の信仰の象徴および鎮守として兜神社を造営した。
御社殿に奉安してある倉稲魂命の御神号は時の太政大臣三條實美公の揮毫になるものである。
当社は御鎮座後一度換地が行われたが、昭和2年(1927年)に再度換地を行い、兜橋橋畦の現在地約62坪(約205平方米)を卜して同年6月御遷座を行い、鉄筋コンクリート造りの社殿を造営した。
昭和44年5月高速道路の建設に伴い御影石造りの鳥居を残して旧社殿を解体し、同46年3月現在の鉄筋コンクリート一間社流造り・句拝付きの社殿を造営した。
屋根は銅板葺とし、玉垣・参道・敷石などは御影石をもちいた。

※兜神社 御由緒より





兜神社の境内

兜神社
こちらが兜神社の入り口。
兜神社は無人ですが、御朱印はそばにある日本橋日枝神社でいただけます。

兜神社の由来
兜神社の由緒書き。

兜神社の手水舎
こちらは入って左側にある手水舎。

兜神社

兜神社の本殿
こちらが兜神社本殿になります。
見上げると首都高が走り、なんともシュールです。

兜神社の兜石
こちらは兜岩。

兜岩の由来


境内に安置してある「兜岩」については、かつてはその昔前九年の役(1050年代)に源義家が東征のみぎりこの岩に兜を懸けて戦勝を祈願したことに由来すると伝えられ、兜町という町名はこの兜岩に因んでつけられたといわれている。

※兜神社 御由緒より

兜神社の詳細

創建年 ・明治11年5月(1878年)
御祭神 ・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
・事代主命(ことしろぬしのみこと)
・大国主神(おおくにぬしのかみ)
主な祭事 御例祭:4月1日
御利益 商売繁盛

住所:103-0026 東京都中央区日本橋兜町1-12

交通:
最寄駅
・都営浅草線 日本橋駅より 徒歩10分ほど
・東京メトロ東西線 茅場町駅より 徒歩約10分ほど

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします(^ ^)

Twitter で

-東京都, 中央区
-,

Copyright© 夢を叶える神社巡り , 2020 All Rights Reserved.